キャッシングの審査に影響を与える利用履歴とは?

キャッシングの審査では、これまでのキャッシングやクレジットカードなどの利用履歴が1つの判断材料となります。

まず、今までに返済日や支払日を守らなかったことがあると、それが原因で審査に悪影響を及ぼすことがあります。一度だけ数日間遅れたことがある程度の場合はそれほど大きな問題にはなりませんが、何度も遅延したことがある場合や、遅れていて未だに払っていない分があるような場合には、審査を通過するのは難しくなるかも知れません。

キャッシングは無担保、且つ保証人も要らずに借入れが行える金融サービスです。その為、その人を信用してお金を貸していると言えます。キャッシングにおける信用とは、きちんと返済を行うこと以外にありません。これを守れないような人にはお金を貸すことはできないということです。

そして、その申込み以前に全く他のキャッシングやクレジットカードを一切利用したことがない人も、審査では多少厳しく見られる傾向があります。これは、利用経験がないことから、きちんと返済を行ってくれるか分からないからです。

キャッシングの世界では、全く利用経験が無い人より、今までに利用経験があり、きちんと返済日を守ってきた人の方を信用します。このような利用履歴は信用情報で参照できるので、例え申込み書類に嘘を書いたとしてもすぐに分かってします。申込み書類への嘘の記入は一番いけません。

希望額が高額になるほど、審査は厳しくなります。利用経験だけはすぐに重ねることはできないので、最初のキャッシングの利用の際にはなるべく希望額を少額にすることをおすすめします。